ジュエルグループ 大阪 > jewel三宮店 > 女性ホルモン☆ 兵庫 神戸 三宮 チャットレディ 高収入 チャット

女性ホルモン☆ 兵庫 神戸 三宮 チャットレディ 高収入 チャット

´ω`´ω`´ω`´ω`´ω`´ω`´ω`´ω`´ω`´ω`´ω`

こんにちわ☆

マネージャーの河本です(*´ω`*)

皆さん女性ホルモン分泌させてますか??笑

女性ホルモンは、女性らしさを保ち、子孫を残す機能を授けられる以外に、

一人の人間として生きていく上に必要な多くの効果がもたらされています。

たとえば 骨、血管、筋肉を強くしたり、脳や神経の働きをよくしたり、肌や髪を艶やか にしたりさまざまに働いているのです。

健やかに、そして女性らしく美しく生きるために女性ホルモンは大きな役割を担っています。

だそうです!!!

女性ホルモンって女性として生まれてきた以上

めっちゃ大事やないか!!!!!

とは言え、女性ホルモンってどうやって作るの?

サプリとかでいいの?と調べてみたら・・・

サプリメントで過剰に女性ホルモンに似たはたらきをする成分を補ってしまうと、バランスが乱れて思わぬトラブルを引き起こすことがあります。

サプリメントなどから大豆イソフラボンのみを過剰摂取した場合、女性ホルモンのバランスが崩れる可能性が指摘されています。

ですって・・・_| ̄|○

一番良い方法は食べ物からの摂取!!!

身近で毎日食べ続けやすい食べ物から、女性ホルモンをアップしバランスを整えるものを5つご紹介したいと思います♪

1・かぼちゃ

カボチャにはビタミンEが豊富。ビタミンEには脳下垂体や卵巣にはたらきかけ、ホルモンの分泌をコントロールする役割があります。

2・卵

卵は良質なコレステロールを含む食材。良質なコレステロールは、女性ホルモンの材料になる。

卵はビタミンCと食物繊維以外の栄養素をすべて含む。

3・大豆食品

豆腐や味噌などの大豆食品は、イソフラボンで有名ですよね。イソフラボンは女性ホルモンの1つ、エストロゲンに似た性質があります。

エストロゲンを摂りすぎると、乳がんや子宮体がんのリスクを高めますが、食事で補う分には余程の大量摂取をしない限り問題はありません。

大豆食品には、イソフラボンだけでなく、女性ホルモンの代謝とバランスを整えるはたらきがあるビタミンB6も豊富。

4・キャベツ

今が旬のキャベツにも、女性ホルモンを活性化させるボロンという成分が含まれています。

かつて「キャベツでバストアップできる!」といわれていたのは、ボロンのはたらきに注目したものかもしれません。

キャベツにはホルモンバランスを調整したり、解毒作用もあり食物繊維も豊富。

5・ナッツ類

「間食するならコレ!ミスユニバースが選ぶ“痩せる食べ物”3つ」でも紹介されていますが、ナッツは今や美女のおやつとして定着しつつあり

ナッツはダイエットや美肌効果だけでなく、女性ホルモンのバランスを整える作用もあります。

さらにナッツに含まれるオメガ3系の脂肪酸には、イライラを改善する効果も。

ホルモンの分泌を司る脳下垂体はストレスに敏感なので、ナッツでストレス対策をするとよいでしょう。

ですって(*´Д`)

勉強になったね♪

明日から美女のおやつとして

毎日ナッツを食べようと決めた河本でした(*´艸`*)笑

 

*:;;;;;:**:;;;;;:**:;;;;;:**:;;;;;:**:;;;;;:**:;;;;;:**:;;;;;:**:;;;;;:**

お問い合わせはこちらのリンクから

☆ここをクリック☆


ご応募はコチラ
ご応募はコチラ

SHOP BLOG




LINEで問い合わせ