ジュエルグループ 大阪 > jewel大阪なんば店 > 一件落着?(自転車)【ジュエルなんば店】

一件落着?(自転車)【ジュエルなんば店】

こんにちは、ジュエルなんば店現役アイドルのhachiです。

 

私の自転車ですが、パンクではなく空気が抜けていただけでした。(9/20の記事参照)

やっと直しに行きました。

 

正確に言うと、直しに行ったのではなく知らないおじさん(駐輪場の守護神)に直してもらいました。

スタンド部分は相変わらず引きずっております。

左折する際にガリガリいきます。

 

 

関西のおじさんですが。

知らない人であろうが話し掛けます。

 

あたかも親戚のおじさんであるかの如く話し掛けてきます。

もはや親戚のおじさんより気さくに話し掛けてきます。

 

ガードマンをしているおじさんや駐輪場のおじさんなど、よく対面しているおじさんなら尚更。

ある日突然、あたかももとから知り合いだったかのように話し掛けてくるのです。

タクシー運転手のおじさん、商店街を闊歩するおじさん、みんな息をするかの如くお喋りに夢中なのです。

 

私先日、いつものように駅まで自転車で通勤。

出勤時間ギリギリ、もはや間に合わないであろうと思いつつペダルを漕ぎに漕ぎ、

スライディングするかのように駐輪場に自転車を駐輪しました。

 

すると、待ってましたと言わんばかりに駐輪場のおじさん(よく見かけるが話した事はない)が、

「何や、その自転車パンクか?」

 

私、「(心の中:ぁー電車もう来ますよね)恐らくパンクじゃないですかね?」

 

おじさん、「えらい空気抜けてもーてるがな、見たろ。(凄く空気が抜けていますね、見てあげましょう。)あんたいつも急いでるんか早よ駅に行ってまうやろ。(あなたいつも急いでいるのか何なのか、早く駅に行ってしまうでしょう。)」

 

いや、今日も急いでるの絶対分かってる、このおじさん、絶対分かっています。

(おじさん、かまわずタイヤを確認)

 

私、「(心の中:ぁー電車もう来ますよね)ありがとうございます、タイヤがこのありさまになってから何だかんだ一ヶ月くらい経つんですよね、早く直せよって言うね。」

 

あぁぁぁ、私、話を続けてしまいました。

時間ないんでとか言えませんでした。

むしろ私、話を続けてしまったのです。

 

「知ってるがな、いっつも自転車のいい音鳴らして来るやん、あんた。(知ってますよ、いつも自転車のいい音を鳴らしながら来ますね、あなた。)」

 

知っていた、やはり知られていました。

何せ結構な頻度でここの駐輪場の朝番担当、このおじさんなのです。

 

そして私の自転車から鳴るうるさい音、『ズゥーゴォォォ(ガリガリガリガリ)』

を、“いい音”と表現してウケを狙って来ました。

ぬかりない喋りです。

 

私、「奏でてるでしょ。朝から大合唱ですよ。」

 

おじさん、「奏でてるて!(笑)」

 

勝ちました。

 

そしてそうこうしているうちに乗るはずだった電車は行ってしまい、

私の自転車のタイヤはパンクではないことが判明し、

おじさんに空気を入れてもらい次の電車に乗り出勤致しました。

 

 

。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。゜♥。゚♡゚・。♥。

☆★☆ジュエルなんば店★☆★

高収入★チャットガール募集中♪

0120-077-037

お問い合わせフォーム

LINE☆こちらから

mail☆jewel.nanba@softbank.ne.jp

http://livechat-osaka.jp/

http://www.lc-jewel.jp/nanba/

。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。゜♥。゚♡゚・。♥。


ご応募はコチラ
ご応募はコチラ

SHOP BLOG




LINEで問い合わせ