ジュエルグループ 大阪 > jewel大阪なんば店 > 台風【ジュエルなんば店】

台風【ジュエルなんば店】

こんにちは、ジュエルなんば店現役アイドルのhachiです。

 

台風の影響が凄かったですね。

ということで、台風について調べてみました。

 

【台風の由来】

現在の台風という名は、1956年の同音の漢字による書きかえの制定にともなって、颱風と書かれていたのが台風と書かれるようになったものであるが、その由来には諸説がある。

主な説としては、以下のものが挙げられる。

 

1.ギリシア神話に登場する恐ろしく巨大な怪物テュポン (τυφων, Typhon) に由来する「typhoon」から「颱風」となった。

 

2.ペルシア語で、嵐を意味する「tufan」が東洋に伝わり、「颱風」となった。また、英語では「typhoon」(タイフーン)となった。

 

3.中国広東省で、激しい風のことを台风(Táifēng、タイフン)といい、その後、西洋に伝わり、ギリシア神話のテュポンの影響でギリシャ式の”typhoon”というつづりで書かれるようになり、東洋に逆輸入され「颱風」となった。

 

4.沖縄(当時は琉球)でつくられた言葉とする説:久米村の気象学者蔡温の造語であるといわれる。

 

5.英語の「typhoon」は、古くは「touffon」と綴り、中国語の「大風」が由来とする説は不自然とされており、アラビア語起源、ギリシア語起源の二つの説が有力である。

 

なるほど、果たして何語が起源なんでしょうか。

 

 

【定義と分類】

世界気象機関(WMO)による国際分類の定義では、日本の台風とは異なり、最大風速(1分間平均)が64ノット以上のものをタイフーン (typhoon) と呼ぶ。

同様の気象現象は世界各地にあり、それぞれの地方により呼び名が違う。

国際分類では、大西洋北部・太平洋北東部・太平洋北中部では、ハリケーン (Hurricane) と呼び、インド洋北部・インド洋南部・太平洋南部では、サイクロン (Cyclone) と呼ぶ。

 

台風が、国際分類上、熱帯低気圧をハリケーンやサイクロンと呼ぶ区域に進んだ場合には、台風ではなくそれぞれの区域の名称で呼ばれることになる。

 

東経180度より東(西経)に進んだ場合、最大風速(1分間平均)が64ノット以上のものはハリケーンと呼ばれ、34ノット以上64ノット未満のものをトロピカルストーム (Tropical Storm) と呼ばれる。また、マレー半島以西に進んだ場合、サイクロンと呼ばれる。

 

例えば、1970年の台風13号は西経域で発生し、一時、東経域に移動したものの、すぐに西経域に去ってしまったために、特に勢力が衰えたわけではないものの、台風ではなくなった。

また、1972年の台風29号はマレー半島を抜けてベンガル湾に抜けたことにより台風ではなくなった。

 

逆に、西経域で発生したものが東経180度以西に進んだ場合は、台風となる。

 

なるほど、トロピカルストームなんて、美味しそうなカクテルみたいですね。

私、アルコール飲めませんけど名前が美味しそうです。

果たしてトロピカルストームの語源は何なのでしょうか。

 

【参考文献】
Wikipedia-台風-『台風』の由来
Wikipedia-台風-定義と分類

 

 

。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。゜♥。゚♡゚・。♥。

☆★☆ジュエルなんば店★☆★

高収入★チャットガール募集中♪

0120-077-037

お問い合わせフォーム

LINE☆こちらから

mail☆jewel.nanba@softbank.ne.jp

http://livechat-osaka.jp/

http://www.lc-jewel.jp/nanba/

。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。゜♥。゚♡゚・。♥。


ご応募はコチラ
ご応募はコチラ

SHOP BLOG




LINEで問い合わせ