ジュエルグループ 大阪 > jewel大阪なんば店 > 季節の変わり目【ジュエルなんば店】

季節の変わり目【ジュエルなんば店】

こんにちは、ジュエルなんば店現役アイドルのhachiです。

 

デング蚊、関西にも来ましたね。みなさん気をつけましょう。

(昨日のrokuさんのブログですか?面白いのであえて触れずに先へ進みましょう。)

 

デングウイルスを持つヒトスジシマカについての記事は9/12の記事参照。

 

 

ライブチャットに関する記事も書いています、要チェックです。

 

季節の変わり目ということで。

今日は季節の変わり目に風邪を引きやすい理由と、その対策について調べたので書きます。

(今日も早速ライブチャットから遠ざかりました。)

 

季節の変わり目も元気一杯、変わらぬ日常を過ごしましょう。

 

 

まず身体の中には「恒常性(ホメオスタシス)」という機能が備わっています。

 

これは身体の中を常に一定に保つ働きで、例えば、暑い所に放置した鉄は熱くなり、寒い所に放置した鉄は冷たくなりますが、体温は、暑い所でも寒い所でもほぼ一定に保たれているのはこの働きがあるからです。

 

どういう風に調節しているかというと、暑ければ、身体を冷ますために汗を出したり、毛穴を広げたりし、寒ければ、震えを起こして熱を産生したり毛穴を閉じて冷えないように工夫します。

その他にも様々な工夫を凝らし、やっとのことで、体温を一定に保っているわけです。

 

暑い所や寒い所にいるだけで身体が疲れてしまった経験はありませんか?体温を一定に保つだけでもかなりのエネルギーを使います。

 

つまり恒常性を働かせるには相当な負担が身体にかかるということです。

 

一番分かりやすい例えで体温を挙げましたが、他にも沢山の働きがあります。これらの機能は全て、自律神経で調整されています。

 

季節の変わり目は気温もなかなか安定しにくく、天気や湿度までバラバラなことが多いです。

それによって、恒常性を保とうと身体(自律神経)はフル稼働しているわけです。

 

体力もいつもより消費しているで、疲れやすかったり、免疫力が低下して風邪を引きやすかったり、やる気が起きなかったり・・と様々な不調をが出てきます。

この条件はみんな一緒です。

普段と同じことを同じ量こなすのは辛く感じやすいです。

 

なので、恒常性がいつもより働いている分、いつもより休む時間を増やしてあげましょう。

 

意識して休むことが重要なのが、季節の変わり目です。ここで恒常性が安定されないと、季節が安定してからも、不調は続きます。

 

 

ということです、怖いですね。

ONとOFFのメリハリは大切であるということですね。

 

【参考文献】季節の変わり目に風邪をひきやすいのはなぜ? - 様々な症状に関する知恵袋

 


ご応募はコチラ
ご応募はコチラ

SHOP BLOG




LINEで問い合わせ