ジュエルグループ 大阪 > jewel大阪なんば店 > 肩凝り対策【通勤チャットレディ☆なんば】

肩凝り対策【通勤チャットレディ☆なんば】

こんにちは、ジュエルなんば店現役アイドルのhachiです。

 

いよいよ寒くなってきましたね。

寒くなると、肩の凝りが増します。

 

なぜ寒くなると、肩の凝りが増すのか。

原因となりうる事柄を三つほど挙げてみます。

 

【原因】

その一、寒いと身体が縮こまり、肩に力が入る。

【原因】

その二、たくさん着込む。その重みが肩にのしかかる。

【原因】

その三、布団の重量も増す。その重みは肩だけにとどまらず、全身にのしかかる。

 

寒くなると肩の凝りが増す原因、まだまだありそうですね。

 

三つの原因に対する対策も挙げてみましょう。

 

【原因】

その一、寒いと身体が縮こまり、肩に力が入る。

【対策】

寒さで力が入らないよう、完全防備で出かける。

しかしそれだと次の原因その二の落とし穴にまんまとハマり、

結局は肩の凝りは増すばかり。

 

【原因】

その二、たくさん着込む。その重みが肩にのしかかる。

【対策】

なので、たくさん着込む前に貼るカイロを貼りましょう。

そして上着も軽い素材のものを羽織り、寒い時期の肩凝り対策です。

 

【原因】

その三、掛け布団の重量も増す。その重みは肩だけにとどまらず、全身にのしかかる。

【対策】

掛け布団を重ねて被ると、寝起きは身体中バキバキです。

羽毛布団or羊毛布団+薄手の毛布など。

 

ちなみに羊毛布団一枚でも、身体中バキバキになる人がここにいます。

羊毛は重たいですからね、なんせ羊毛は重たい。

 

羽毛布団でも羊毛布団でも、自分の身体に負担のない軽さの掛け布団を被りましょう。

 

寒いなら重ねて被らず、湯たんぽや電気アンカーなどで足元や布団の中を暖めましょう。

 

寒い時期の朝は布団から出にくくなります。

理由は、布団から出ると寒いから。

 

だけでなく。

 

身体中バキバキで重くなった身体はいつもより起こしにくのです。

 

朝もスッキリ昼スッキリ、夜もスッキリした身体で過ごしたいですね。

 

 

そして肩とデコルテは凝り固まると、顔が浮腫みます。

そこを流して顔の浮腫み対策はしておきたいですね。

 

本当、そこを流すのと流さないのとでは

次の日の顔のスッキリ具合がだいぶん変わってきます。

 

女性は是非、美容のためにも寝る前に凝りをほぐしてみてください。

 

 

 

 
。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。゜♥。゚♡゚・。♥。

☆★☆ジュエルなんば店★☆★

高収入★チャットガール募集中♪

0120-077-037

お問い合わせフォーム

LINE☆こちらから

mail☆jewel.nanba@softbank.ne.jp

http://livechat-osaka.jp/

http://www.lc-jewel.jp/nanba/

。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。゜♥。゚♡゚・。♥。


ご応募はコチラ
ご応募はコチラ

SHOP BLOG




LINEで問い合わせ