ジュエルグループ 大阪 > jewel大阪なんば店 > バレンタインデーについて②【通勤チャットレディ☆なんば】

バレンタインデーについて②【通勤チャットレディ☆なんば】

こんにちは、ジュエルなんば店現役アイドルのhachiです。

 

 

もうちょっとでバレンタインデーですね。

 

 

ということで、

斜め45°からバレンタインデーについて

 

私hachiと共に見ていきましょう。

 

 

 

 

『バレンタインデー ー Wikipedia』

 

 

【古代】
元々は2月13,14,15日にローマの豊穣と健康を祈って行われていた

ルペルカリア祭の日である。

 

後述するが、ルペルカリア祭は

ファウヌスの神や、狼、羊飼いの祭であり、

 

人間の生贄を捧げたり紙で恋人を選ぶような行事ではない。

 

これは後世のキリスト教徒に異教徒は野蛮であるという偏見の元に作られた伝説である。

 

 

 

 

Wikipedia調べによると、

古代だけで見て2月14日は

 

 

ローマの豊穣と健康を祈って行われていた

“ルペルカリア祭の日”

 

 

どうやら2月14日は時代で見て

なんとかDAYのなんとかの部分が変わっています。

 

 

面白いので見てみましょう。

 

 

さぁWikipediaさん、

よろしくお願いします。

 

 

 

 

【5世紀ごろ】
5世紀頃になってから

「270年2月14日に処刑されたウァレンティヌス」という存在が生まれ、

 

土着の祭りルペルカリア祭の意義を変化させた。

 

 

2月14日はウァレンティヌスの日バレンタインデーとなった。

 

初期ウァレンティヌス信仰はてんかんの聖人の要素が強く、

バレンタインデーも単に殉教を忍ぶ日であった。

 

 

 

 

ここで2月14日は

“ルペルカリア祭の日”から

“ウァレンティヌスが処刑された日”に。

 

 

Wikipedia調べによると、

5世紀ごろから2月14日は

 

 

“ウァレンティヌスが処刑された日”

にかわります。

 

 

 

 

【13世紀】
13世紀、レゲンダ・アウレア、ウァレンティヌスは

皇帝の説得に失敗し270年か273年に死亡したと記録される。

 

この時点でも、まだウァレンティヌスは恋人や、花、カードとは無関係であった。

 

 

 

 

この時点でまだ2月14日は

“ウァレンティヌスが処刑された日”です。

 

 

 

 

【18 – 19世紀】
ウァレンティヌスが少女にカードを贈る物語を使った宣伝がヒットし、

 

バレンタインデーカードを送る文化が英国で定着する。

 

 

 

 

ここで2月14日は

 

“ウァレンティヌスが少女にカードを贈る物語を使った宣伝がヒットした日”

 

になります。

 

 

新たなベストセラー本の誕生です。

 

 

 

 

 

。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。゜♥。゚♡゚・。♥。

ライブチャット専門店❤ジュエルなんば店

高収入・通勤チャットレディ募集中♪

在宅でのお仕事もご相談下さい❤

0120-077-037

お問い合わせフォーム

LINE☆こちらから

mail☆jewel.nanba@softbank.ne.jp

http://livechat-osaka.jp/

http://www.lc-jewel.jp/nanba/

。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。゜♥。゚♡゚・。♥。


ご応募はコチラ
ご応募はコチラ

SHOP BLOG




LINEで問い合わせ