ジュエルグループ 大阪 > jewel大阪なんば店 > 健康な食を考えてみる②

健康な食を考えてみる②

こんばんは♪

ジュエルなんば店の店長NANAです(*^。^*)


 

さて、前回に引き続き、健康な食を考えてみようと思います。

こんな話をしといて今更ですが、私はこの題名のブログでゴールを見つけられるのか・・・・(笑)


 

食べ物には「食品表示」の義務があるので、ほとんどの物に表示してあります。

そこを見てお買いものをしたことがあるでしょうか?

 

ほっとんどの人は「ない」んじゃないかなぁ~と思います。

 

まぁでも気にしすぎてもあれなんですけどネ。

 

 

食品添加物の話をしだしたらキリがないので、今日は1つだけピックアップしてみよーと思います。

1つぐらいはマメ知識として知っておいた方が、今後の為になるカモしれません❤

 

 

 

亜硝酸Na(ナトリウム)

 

読み方:あしょうさんナトリウム

【発色剤・防腐剤】

 

【危険性・毒性】

嘔吐、下痢、チアノーゼ、血圧降下、血球崩壊、

尿細管の閉塞、中枢神経麻痺、遺伝子損傷性、

変異原性、発ガン性、催奇形性、染色体異常。

乳児は特に敏感。

肉や魚に含まれるアミノ酸と反応し、強い発ガン物質

ニトロソアミンを作る。ソルビン酸、パラオキシ安息香酸、

酸化防止剤のBHT、OPPなどと反応し、発ガン疑惑

物質を作る。

 

【主な使用食品】

ハム、ソーセージ、ベーコン、コンビーフ、イクラ、タラコ、筋子

 

 

 

ここで、私的超注目ポイント!

遺伝子損傷性

いやいや、遺伝子損傷しちゃったらダメでしょwww

ど素人の私でも、遺伝子を損傷したらダメなことはわかります。

 

ところがこの「遺伝子損傷」の危険性のある添加物はこの亜硝酸Naだけではないんですよね。

まだまだ沢山。

 

 

 

で、「遺伝子損傷」したら、身体にどんな害が起こるのか?

 

 S__48734220

 

日本人の2人に1人が発病するガンは「遺伝子の病気」で、遺伝子が傷ついて悪さしたもの。

そんな私達が日頃食べているものの中には「遺伝子損傷性」の物がある・・・。

 

 

 

 

・・・怖いですネ。繋がり感じちゃいますネ。

 

 


 

遺伝子損傷性の添加物は知識として持っておいて、出来るなら避けたほうがいい・・・・カモしんないですネ。

 

とは言っても、あんまり神経質になっちゃったら何も食べれなくなるので、ほどほどに気にしましょう(笑)

 

 

 

 

ではでは(*˘︶˘*).。.:*♡

 

。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。゜♥。゚♡゚・。♥。

ライブチャット専門店❤ジュエルなんば店

高収入・通勤チャットレディ募集中♪

在宅でのお仕事もご相談下さい❤

0120-077-037

お問い合わせフォーム

LINE☆こちらから

mail☆jewel.nanba@softbank.ne.jp

http://livechat-osaka.jp/

http://www.lc-jewel.jp/nanba/

。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。゜♥。゚♡゚・。♥。


ご応募はコチラ
ご応募はコチラ

SHOP BLOG




LINEで問い合わせ