ジュエルグループ 大阪 > jewel大阪なんば店 > hachiではありませんが、こんにちは。hachiです。【ジュエルなんば店】

hachiではありませんが、こんにちは。hachiです。【ジュエルなんば店】

こんにちは、ジュエルなんば店現役アイドルのhachiです。

 

今日はnanaさん(なんば店店長)が蚊に噛まれやすいということで、

デング熱の犯人、蚊(ヒトスジシマカ)に的を絞って書こうと思います。

 

このデングウイルスを持ったヒトスジシマカ、他の蚊とどうしたら見分けがつくのか調べたら、

 

“胸部の背面に一本の白い正中線とW字状の斑があり、体長は4.5mmほど”

 

とのことです。

 

こらこら、見えるわけがないでしょう。

 

という事で、見分ける事は難しいので玄関や窓際に蚊取り線香を設置する、

もしくはnanaさんみたいにスキンガードを身体中にふりまくなどして対策しましょう。

 

 

言わずもがな、このヒトスジシマカがなぜ厄介かと言うと、

デング熱の原因であるデングウイルスを持ってるからなんですね。

 

このデング熱がなぜこんなに騒がれているかというと、

 

一.2014年現時点で、まだ実用化されている予防ワクチンがない。

 

二.発熱・頭痛・筋肉痛・関節痛、はしかの症状に似た特徴的な皮膚発疹を引き起こす。

(かゆみ止めパッチやムヒでは治らないですね。)

 

三.治療法は、経口もしくは点滴による水分補給。

(入院しなくてはいけませんね。)

 

四.重度の場合、点滴静脈注射や輸血といった治療が用いられる。

(更にお金がかかり、面倒ですね。)

 

五.稀にデング出血熱にまで発展する。

(ここまで発展すると、生命を脅かされるみたいです。)

 

ヒトスジシマカは非常に生命力が強く、卵は乾燥しても雨が降ったりして再び水に浸かると孵化します。

(自宅にある植木鉢などの水の受け皿、プラスチック容器なども水が溜まれば発症源になります。)

 

※ここ注目※

更にヒトスジシマカは、デングウイルスを持たない他の蚊にもデングウイルスを持たせる事ができるのです。(怖いですね、気持ち悪いですね。)

 

デングウイルスを持つヒトスジシマカに噛まれ、

デングウイルスを体内に宿してしまったAさん(仮)がいたとしましょう。

 

そのデングウイルスを体内に宿してしまったAさんを、

立て続けにデングウイルスを持たない蚊が刺したとします。

 

するとその蚊もデングウイルスを体内に宿す事になります。

 

そのもともとはデングウイルスを持っていなかった蚊に、あなたが刺されたとしましょう。

 

すると、もれなくデングウイルスもセットであなたについてきます。

(怖いですね、気持ち悪いですね。)

 

 

ちなみに私は今年、一度も蚊に噛まれていません。

なぜなら公園や蚊がいそうな場所に足を運んでいないから。

(なぜならそもそも外の世界に足を運んでいないから。)

 

蚊に刺されやすい、刺されたくない方は、蚊取り線香を窓際や玄関に設置、

もしくはnanaさんみたいにスキンガードを身体中にふりまく、

 

もしくは私みたいに外の世界へ足を運ばないようにしましょう。

(是非外には足を運んで下さい。)

 

 

 

 

 

。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。゜♥。゚♡゚・。♥。

☆★☆ジュエルなんば店★☆★

高収入★チャットガール募集中♪

tel 0120-077-037
mail☆jewel.nanba@softbank.ne.jp
http://livechat-osaka.jp/
http://www.lc-jewel.jp/nanba/

。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。゜♥。゚♡゚・。♥。


ご応募はコチラ
ご応募はコチラ

SHOP BLOG




LINEで問い合わせ